ママナチュレとベジママを比較してみました!おすすめのピニトールサプリを比較検討口コミ(^^♪

スポンサードリンク

 

こんにちは、サプリメントアドバイザーのむーたんです。

今回はピニトール配合サプリ『ベジママ』と『ママナチュレ』を徹底的に比較してみたいと思います。

 

多嚢胞性卵巣症候群で悩んでいる方なら一度は聞いたことがあるであろう、妊活成分ピニトール。
多嚢胞性卵巣症候群の原因であるインスリン抵抗性を改善できる効果が期待されており、海外ではすでに産婦人科で処方されている有名な妊活成分です。

日本では、唯一、ベジママだけが発売されていたのですが、2016年12月にママナチュレという新商品が発売になりました。

私はどちらも飲んだことがあるので、飲み心地やパッケージなども含めて総合的にジャッジしてみますね。

それでは、さっそく見ていきます!

 

>>>>ママナチュレ 公式サイト

>>>>ベジママ 公式サイト

 

スポンサードリンク

パッケージはボトルorジップロック

newimg_7006

まず、パッケージの見た目が全く違います。
ベジママは固いプラスチックボトルに入っているタイプで、ママナチュレはジップロック式です。
newimg_0874

品質の維持という点ではベジママのようなボトルの方が優れています。
ただ、持ち歩く場合には錠剤がカタカタと音を立て、場合によっては破損してしまいます。
ママナチュレのようなアルミパウチならその心配はありません。

個人的には、ベジママの容器の方がお金がかかっていると感じます(笑)。

 

錠剤の香り・味が全く違う

newimg_7010

ベジママは原料のピニトール由来の色がついており、緑色です。
香りも青汁のような、野菜っぽい香りがあります。
私は苦手ではありませんが、「ベジママは香りがダメだった」という人もいるので好みはわかれそうです。
newimg_0878
一方で、ママナチュレは白いコーティングがされた錠剤なので、香りや味は全くありません。
香りの独特なサプリメントが苦手な方はママナチュレのほうが絶対いいです。

葉酸妊活サプリは続けることに意味があるので、「飲むのがつらい」と感じるものは避けた方がいいでしょう。

 

ピニトール配合量やそのほかの成分が違う

newimg_7012

ベジママはピニトールを260mg配合しています。
もともと工場メーカーのブランドが作っているので、工場栽培されている高品質なアイスプラント(ピニトールの原料となる野菜)を作っている安心感があります。
newimg_0876

一方で、ママナチュレはピニトール300mgを配合しており、配合量としての魅力はコチラの方が高いです。

 

vegimama

 

ベジママはピニトール以外にも、葉酸・ビタミンB6・B12・C・E・ルイボスを配合しています。
葉酸はモノグルタミン酸型の葉酸で、体内吸収効率の良いタイプです。

 

maka

 

ママナチュレは、葉酸だけでなく、マカ・ルイボス・ザクロ・乳酸菌・イソフラボンなどの妊活をサポートする成分が配合されています。おまけ程度の配合ではなく、しっかりと成分多めに配合されているのがポイントです。

マカは300mg配合されています。

 

1日の量・錠剤の特徴

newimg_7011

ベジママは1日4粒のみます。
4粒まとめても10円玉に満たないサイズで、非常に小粒です。
newimg_0880

ママナチュレは1日3粒飲みます。
3粒まとめても10円玉に満たないくらいですが、やや厚みがある錠剤なので、ママナチュレのほうが口の中でボリュームを感じますね。

 

値段・購入方法は?

ここが大きく違うので、参考にしてください。

【ベジママ】定価5500円
定期コース:
初回限定50%オフ 2750円【送料無料】
2回目以降15%オフ 4680円【送料無料】
◎全額返金保証付き
◎1回でも解約OK
【ママナチュレ】定価7960円
定期コース:
初回限定50%オフ 3980円【送料無料】
2回目以降50%オフ 3980円【送料無料】
◎返金保証なし
◎6回継続のお約束

どちらも、初回の購入は定期コースになり、値段もかなり安くなります。ただし、ベジママは2回目以降が4680円になるものの、定期継続の回数縛りがないのが魅力です。ママナチュレは初回金額こそ3980円と、ベジママより高くなりますが2回目以降もずっと同じ値段です。(もはや定価7960円はどこへ行った?という感じですね(笑))

ママナチュレは6回継続の縛りがありますが、ピニトールは体質改善(インスリン抵抗性改善)を目標にしている成分なので、半年間くらいは続けてみてもいいだろうと思いますよ。

ベジママもママナチュレも、妊娠中でも安心して飲める葉酸サプリです。妊活中に飲み始めて妊娠したら、そのまま飲み続けることをおすすめします。

 

総評

サプリメントアドバイザーの立場からは、妊活成分の種類・量ともにママナチュレの方が優れていると感じました。ただし、無味・無臭にするためのコーティング成分が添加されているので、気になる方はベジママのほうが自然派志向だと思います。ベジママは定期の回数縛りがなく、初回が安いというのもポイントです。

 

・ボトルデザイン
・錠剤の形状、色、香り
・配合成分
・値段

この点を踏まえて、比較してみました。

ご自身の都合や好みに合わせて選んでみてくださいね。

多嚢胞性卵巣症候群で不妊治療中の方は、葉酸サプリはベジママかママナチュレ、どちらかしか選択肢がないと思うので、じっくり吟味してください^^

 

気になった方は下記の公式HPでチェックしてみてくださいね^^
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

葉酸サプリ「ベジママ」

 

 

ママナチュレ
『ベジママ』と『ママナチュレ』の体験談も書いています。
参考にしてくださいね。

ベジママ体験談!ピニトール配合のベジママがおすすめ。現品レビュー・口コミ

2016.10.19

ママナチュレ葉酸サプリはピニトール300mg配合!オススメのサプリメントです。現品レビュー・口コミ

2016.12.06
スポンサードリンク

参考になったらシェア!