【妊活あるある】旦那さんとの温度差…どうやって埋める?

スポンサードリンク

こんにちは、不妊治療中のぴろです。

「子どもが欲しい!」夫婦でそう思い妊娠を目指していても、どこか2人の思いに温度差があって、

なかなか同じ思いで進むことが難しい。

妊活や不妊治療をしていると、そう感じることありませんか?

毎月リセットを身体で感じるのは女性。身体だけでなく精神的にもやはりショックです。もちろん、夫も残念そうにはしているけど、どうしても同じ思いでいてくれるように感じない。

いざ妊活を始めると、女性は排卵日を予測してタイミングの日を見極めないといけません。

でも排卵日は自分の力で思うように操ることはできませんよね。夫から「いつなの?」と聞かれても、確実なことは本当にギリギリにならないと分からないものです。

それなのに、「なんで分からないの?俺だって仕事忙しいんだよ。」なんて言われたら、傷つきますよね。

さらに大事なタイミングの日に、なかなか帰って来なかったり、帰ってきたと思ったらお酒を飲んでいて酔っぱらってそのまま寝てしまったり…。

子どもをつくるのは2人で進めていくもの。でもどうしても女性主体で進んでしまうことが多いように思います。

今回はそんな妊活に対する夫婦の温度差について考えてみようと思います。

 

スポンサードリンク

温度差を埋めるために

wedding-997605_960_720
私が不妊治療を始めた時も、夫との間に温度差がありました。特に病院に通うようになると、私は知識がどんどん増えるので、夫との不妊治療への思いにズレが出てきました。やはり妊活にせよ不妊治療にせよ、妊娠するのは女性側。どうしても負担がかかってきます。

そこで2人の温度差を埋めるのは、やはり「話し合い」だと思います。お互いの思いは結婚しても伝え合わないと理解できないものです。自分の気持ちを分かって!と押し付けるのではなく、相手の思いも受け止めようという気持ちがあればきっと相手にも伝わります。時間はかかるかもしれませんが、少しずつ夫婦の方向性を決めていくのは大切なことだと思います。

特に不妊治療を始めると、夫婦での決断を迫られるタイミングが何度もあります。きちんとこれからを考えるために、私なりに考えた「話し合い」に大切なことをピックアップしてみました。

 

妊娠の確率

sperm-956480_960_720
避妊しなくなれば、すぐ妊娠すると思っている男性は本当に多いです。もちろんそうして授かるっている家庭もたくさんあるかもしれません。しかし現実問題、自然妊娠する確率は約20%程度です。

妊娠は奇跡のような確率だ。

ということを男性側も感じてくれれば、前向きにタイミグの日や治療に関して考えてくれるはずです。

 

病院に通う

stethoscope-840125_960_720
妊活を始めてもなかなか妊娠まで結ぶ付かなかったらどうするか…タイミングで待つのか、病院に通うのか意見が分かれる部分だと思います。もちろんお金も時間もかかるので、どんな風に考えていくはそれぞれの夫婦の考え方次第だと思います。
私は自己流のタイミング法で妊活を始めて半年で妊娠できなかったら病院に通うことを、初めから決めていました。もし何か問題があった場合を思うと、早く病院に通う方が良いと思ったからです。夫はあまり賛成ではありませんでしたが、私の熱すぎる思いに気負けしたのだと思います。

しかし、結果として私は子宮内ポリープを見つけることができたので、夫も「初めは不安だったけど、病院に通って良かったな。」と言っています。

 

不妊治療の方針

病院に通うとまずは検査をした結果から、各家庭の方針に合わせて治療が始めります。医師にもよりますが、ステップアップを勧められる場合もあります。
まず前もって、どこまで治療をするのか、いくらまでお金をかけるのかなど具体的に決めておく方が良いと思います。不妊治療をしていると、なかなかゴールが見えなくてどこまでいけばいいんだろう…と不安になることがあります。きちんと夫婦で考えをまとめておけば、目の前の治療に集中することができます。

私達夫婦は現在AIHに5回目の挑戦しています。

しかし、年内に妊娠が難しかった場合はスッテプアップしようと夫婦で決めました。

 

もし妊娠できなかったら

man-and-dog-1149400_960_720
最終的にもし夫婦で決めていた治療が終わってしまい、妊娠することができなかった時どうするのかということも必要になってきます。夫婦2人でどんな風に暮らしていくのか。それも家族の在り方の1つですよね。

ペットを飼って大切に育てたり、年に1度はゆっくり旅行に行ったり、2人で前向きに楽しく暮らしていくことを想像して話あってみて下さい。

 

まとめ

florence-1076151_960_720
不妊治療は1人ではできません。夫婦2人で一緒に頑張っていくものです。だからこそ、きちんと向き合って話し合う時間も必要です。しんどい選択をしなければならないこともあるかと思いますが、2人で乗り越えていくんだ!と夫婦で思えていれば、きっと頑張れると私は信じています。
夫との温度差に不満を抱いていても、何も解決しません。

お互いの思いをきちんと伝え合う時間を作って歩み寄ってみませんか。

そうすればきっと旦那さんもそれに答えてくれるはずです。

スポンサードリンク

参考になったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。