卵管造影って痛いの?検査を行う時期・方法・注意点まとめ!

スポンサードリンク

はじめまして。助産師のゆうこです。助産師になって早8年。いつのまにやら、後輩を指導する立場になっておりました。8年大学病院に勤務しており、不妊治療の看護援助をすることも多々ありました。色々な患者さんと出会い、一人一人違った病気や悩みをもち、不妊治療に取り組んでおられる姿をみてまいりました。

そこで、私の知識が役に立てば…と思い記事を書いている次第でございます。

今回は、不妊治療をしている方は耳にしたことがあると思います不妊症検査のひとつである【卵管造影】についてお話をさせていただきたいと思います。

 

スポンサードリンク

卵管造影って何?

fertilization-1132253_960_720
卵管造影とは、文字通り、造影剤を卵管に入れ、卵管のつまりや、癒着(卵管がくっついていないか)を調べるレントゲン検査のことです。
卵管は、卵巣から排卵された卵子を捕促(卵子は、卵巣から腹腔内に排卵されるのです。そして、その排卵された卵子を、卵管の先も部分で卵管采が卵子を取り入れるのです。)する働き、そして卵子を運ぶ働きがあります。また、受精卵を子宮ににたどり着くための道であり、子宮内で妊娠するためには、重要な器官なのです。そこで、造影剤を入れ、卵管の状態を確認するのです。

妊娠しない場合はもちろん、妊娠はするけれど、子宮の中で妊娠ではない、といった場合にも行われる検査になります。(詳しくは次の項目で説明しますね。)

 

検査を行う時期は?

検査を行う時期は月経周期10日までに実施します。なぜなら、だいたい排卵され、受精する時期が月経周期の14日前後位だからです。月経がきたということは、妊娠していない証拠です。もし、妊娠しているのに造影検査したら、大変なことになりますよね。

もしも妊娠中に検査をしたら
造影剤の影響をもろにうけ、細胞分裂に影響をもたらす可能性はあります。ちょうどそのころは妊娠6週目。ちょうど、心拍がみえるかみえないかであろう時期で、人間の特に重要部分である、中枢神経、心臓が造られる時期です。こんな時期に検査をしたら、流産か奇形を招く確率は少なからずあります。

そのため、安全性を確保するために、生理がきてから10日目ごろまでに検査をするようにしています。

 

検査の方法は?

まず、検査の内容に子宮の入り口である子宮頸管に軟らかい管(カテーテル)が入れられます。そして、そこから子宮に造影剤を注入します。一定時間にレントゲンの写真をとり、造影剤が子宮から、卵管、腹腔内へと流れる様子を確認するのです。最近はモニター画面で確認しながら写真をとる医療機関が増えてきています。

使用する造影響剤は水性と油性がありますが、医療機関によって異なります。水性の場合は当日で終わりますが、油性の場合は広がるのがゆっくりなので、翌日に再度、撮影をすることになります。

水性の方が広がるが早いので、痛みは油性より強いですが、卵管の通過性、周囲の癒着などの診断はこちらの方が正確です。油性になると、痛みは水性より弱いのですが、身体に長く造影剤が残ってしまいます。

 

痛みについて
造影剤注入する際、子宮や卵管にある程度の圧力がかかるので痛みを伴うこともあります。造影剤を使用する際に、痛み止めや精神を安定させる薬を使うことによって、痛みが少しは減ります。痛みに弱い人は事前に相談して、痛みに対する対策をとってもらいましょう。

 

検査でどんなことがわかる?

medical-563427_960_720
造影剤の広がりをみることで、なんと、子宮や卵巣の構造の状態、癒着の状態がわかるのです。
子宮であれば、子宮の形(子宮の奇形がないか)、子宮に筋腫やポリープがないかわかります。
卵管であれば、造影剤がスムーズに流れ広がっているのであれば、卵管に異常がないことがわかります。スムーズ流れない場合は卵管が狭くなっていること、つまっていることがわかり、部位も判明します。そして、腹腔内に広がっていない場合は、卵管采周囲の癒着が疑われるのです。癒着が原因で、卵管采の動きがわるくなっていると推測できます。

最近、多くなっているのは、性感染症であるクラミジア感染症による卵管の癒着による不妊、子宮外での妊娠です。ひどい場合には腹腔内まで感染が広がり、臓器が癒着している場合もあるのです。ただ、クラミジア感染症を疑われるケースの場合は、膣分泌液で確定診断を行い、治療を行った後にしか造影はできません。未治療だと菌を腹腔内にまでひろげてしまうからです。

 

検査後の注意点は?

子宮の入り口に管を入れたり、造影剤をいれたりしているので、稀ですが、感染をおこすことがあります。また、造影剤を入れたさいに、クラミジアにかかっていること気づかず検査して菌が広がったりしたなんてこともあります。
検査の当日は、子宮入り口からの感染を防ぐため、セックスや入浴は控えましょう。(ただ、医療機関によって、シャワーは可のところもあります。上から下に水を流すようにシャワーは行いましょう)

そして、腹腔内での感染防ぐために、抗生剤の薬が処方されると思うので、指示に従ってきちんと飲むようにしましょう。
もし38.5度以上の発熱、強い下腹部痛がある場合は、感染の可能性があるので、医療機関を受診しましょう。

検査後の避妊期間は、次の月経がくるまでです。検査後の排卵時期は造影響剤が残っている可能性がゼロではないからです。

 

まとめ

x-ray-666919_960_720
いかがでしたか。不妊クリニックに通院すると、比較的早い段階で「子宮卵管造影をしましょう」と検査を提案されるかもしれません。インターネットの情報を見て、様々な不安を抱える方も多いと思いますが、不妊の原因を探るうえで非常に重要な検査です。

よく理解しつつ、医師から提案があった際には積極的に受けたい検査の1つです。

 

スポンサードリンク

参考になったらシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。